オランダタイプの金魚とは、背ビレがあり、頭部に肉瘤(こぶ)が発達する金魚の品種のことを指します。

8
和蘭獅子頭
頭部に肉瘤が発達した琉金の突然変異個体を固定化した品種。江戸時代に、中国から琉球を経て、長崎に渡来した。背ビレがあって、肉瘤があり、伸長した開き尾を持つことが特徴。 
10
青文魚
昭和30年代に中国から日本に輸入された品種。作出過程は不明。体型はオランダ獅子頭で、青黒い体色を持つことが最大の特徴。肉瘤の出ないタイプの青文魚もいる。 

13
浜錦
昭和40年代に静岡県浜松の金魚問屋が香港から輸入した肉瘤の発達するタイプの珍珠鱗(高頭パール)を輸入。その中から出現した頭部の肉瘤が水泡状に発達する個体を選別・固定化したもの。体型、パール鱗は「珍珠鱗」と同様。最大の特徴は頭部の水泡状に発達する肉瘤(体液が詰まっているわけではなく、あくまで肉瘤)。
 
15
丹頂
昭和30年代に中国から日本へ輸入された。作出過程は不明。オランダ獅子頭の体型に、頭部に発達する赤い肉瘤と、それ以外は白という体色を持つ品種。丹頂鶴を連想させる体色なので、日本では「丹頂」と名付けられた。