金魚美術作家

え!! 美術!!
1kingyoshu2
金魚酒-夕姫

金魚をテーマとして活動する美術作家・深堀隆介さん。
枡の中に樹脂を流し、その樹脂の上に金魚を少しずつ部分的に描いていき、さらにその上から樹脂を流し込む。
その作業を繰り返すことにより、まるで生きているかのようなリアルな金魚を表現することに成功
代表作「金魚酒」
2yotunooke2
四つの桶  和金、月光
7biuzu
美渦
8wan
椀-白澄
 深堀さんが生み出す作品群は、今や世界的な評価を得ている

気になったオランダタイプの金魚

オランダタイプの金魚とは、背ビレがあり、頭部に肉瘤(こぶ)が発達する金魚の品種のことを指します。

8
和蘭獅子頭
頭部に肉瘤が発達した琉金の突然変異個体を固定化した品種。江戸時代に、中国から琉球を経て、長崎に渡来した。背ビレがあって、肉瘤があり、伸長した開き尾を持つことが特徴。 
10
青文魚
昭和30年代に中国から日本に輸入された品種。作出過程は不明。体型はオランダ獅子頭で、青黒い体色を持つことが最大の特徴。肉瘤の出ないタイプの青文魚もいる。 

13
浜錦
昭和40年代に静岡県浜松の金魚問屋が香港から輸入した肉瘤の発達するタイプの珍珠鱗(高頭パール)を輸入。その中から出現した頭部の肉瘤が水泡状に発達する個体を選別・固定化したもの。体型、パール鱗は「珍珠鱗」と同様。最大の特徴は頭部の水泡状に発達する肉瘤(体液が詰まっているわけではなく、あくまで肉瘤)。
 
15
丹頂
昭和30年代に中国から日本へ輸入された。作出過程は不明。オランダ獅子頭の体型に、頭部に発達する赤い肉瘤と、それ以外は白という体色を持つ品種。丹頂鶴を連想させる体色なので、日本では「丹頂」と名付けられた。
 

気になったランチュウタイプの金魚

らんちゅうタイプの金魚は、一般的に背ビレがない金魚の種類を指します。
16
ランチュウ
江戸時代に中国から渡来してきた、今や全国に愛好家を持つ「金魚の王様」と言われるものです。和金からの突然変異で、背びれがないのが特徴。光沢が美しく、小判型のまるっこい形が人気のひみつです。

17
江戸錦
昭和20年代、日本人の手により、らんちゅうに東錦を交配させ作出された。体型は背ビレがなくランチュウ型、柄は東錦同様の赤、白、浅葱色の三色で、モザイク透明鱗が特徴。 

18
桜錦
昭和40年代、愛知県弥富町の養魚場が、らんちゅうと江戸錦を交配させたことが始まり。平成8年に正式な品種として発表・承認された最も新しい品種。体型は背ビレがなくらんちゅう型、体色は赤と白(更紗)のみ。らんちゅうと桜錦の違いは、らんちゅうが普通鱗なのに対し、桜錦はモザイク透明鱗であることが大きな特徴。
 
19
ナンキン
江戸時代に現在の島根県にあたる出雲地方で作出され、出雲地方特有の地金魚として飼われ続けている。ナンキンの特徴として、頭部が小さく肉瘤が出ない、背ビレがなく、四つ尾、目先が細長く目幅が狭い、などが挙げられる。島根県の天然記念物。 

21
水泡眼
眼の下にある大きな袋には体液(リンパ液)が詰まっており、ユニークながら、とってもデリケート。一度しぼんでしまうと二度と元には戻りません。同居の金魚に注意が必要です。

20
頂天眼
水泡眼と共に中国金魚の代表格で、明治時代に日本に渡来した。赤出目金の突然変異を固定化した品種。眼が完全に上を向いており、背ビレを欠いていることが特徴。
 
ギャラリー
  • 金魚美術作家
  • 金魚美術作家
  • 金魚美術作家
  • 金魚美術作家
  • 気になったオランダタイプの金魚
  • 気になったオランダタイプの金魚
  • 気になったオランダタイプの金魚
  • 気になったオランダタイプの金魚
  • 気になったランチュウタイプの金魚
カテゴリー
  • ライブドアブログ